義歯治療なら宇和島市林歯科医院へ

義歯治療宇和島総義歯 | 義歯治療なら林歯科医院

義歯治療に必要なことは?

義歯には部分義歯と総義歯があります。
どちらも歯を失った部位を補い、食事ができるようにするのが目的ですが、
治療のコンセプトはまったく異なります。
それぞれご説明いたします。

部分義歯

歯を数本失い、ブリッジなどで修復することが困難になってしまった場合は部分義歯によって歯を補うことになります。
部分義歯の目的は食べる能力の回復残っている歯をさらに失わないように守ることです。
ご存じのように部分義歯はクラスプと呼ばれる針金を残っている歯にひっかけることで口腔内に維持することになっています。
しかし、このクラスプによって歯は揺らされ、引っ張られてしまい弱くなってしまいます。
そのため、良い部分義歯の要件は残ってる歯を揺さぶったり引っ張ったりしないことです。
残っている歯を失わないために出来るだけそのような要件を満たす設計の部分義歯が望ましいといえます。

総義歯

すべての歯を失ってしまった場合のいわゆる総義歯のケースでは、”あごの骨の上に乗せる”状況になります。すべてが失われた状況からの回復です。
しかし、適切な義歯を使用し、使い方を覚えれば、快適な食生活も取り戻すことが可能です。
そのためには、適切な噛み合わせを見つけ出すことと、それを再現するシステムを使用することです。
そのために当院では精度の高いデンチャーフィットシステムを導入しています。

 

フィットデンチャーシステム

フィットデンチャーシステム

 

さらに、患者様のご希望にそったオーダーメイドの義歯をつくるために専任の技工士が常時滞在しています。

トレーニング義歯とは

義歯を使用するケースでは、多くの歯を失っているために本来のかみ合わせを見失っている場合が多く見られます。
その”本来のかみ合わせ”を見つけ出すために必要なのがこの「トレーニング義歯」です。
かみ合わせを作るのは口の周りの筋肉ですから、その筋肉が自分にとって都合のよいところを見つけないといけないのですが、
そうするためには凹凸のある歯が邪魔になります。そこで、歯の部分を平らにすることによってどこでもかめる状態にします。
そこで筋肉が落ち着くまで”トレーニング”していただきます。ある意味、足や手を痛めた後のリハビリテーションと同じといえるでしょう。

金属床とは

良い部分義歯の要件として歯を揺すらないということをお伝えしましたが、その要件を満たすためにはまず義歯がたわまないことです。
そのために金属を使って歯を固定しながら義歯を維持する方法がとられます。
つまり、良い部分義歯をつくるためには金属床の使用が必須と言えるでしょう。

 

総義歯においては、歯がないため金属床の意味は異なります。
ひとつは上顎において金属を使うことにより、プラスチックよりも薄くすることが出来ます。
上顎の部分の厚みが減るとかなり快適になると同時に、
金属によって温度が伝わりやすくなり、温かいものを温かく感じられ、おいしく感じられるのです。

人工歯について

義歯に使用される歯は通常、プラスチックで既成のものになります。
つまり、包丁でいえばプラスチックの包丁であり、さらには個人個人の顎の形やかみ合わせによらず
決められた形であるために、噛む効率は有歯顎の30%程度といわれています。
その状況を変えるためにあなたに合った歯の形を再現するためのカスタム人工歯を作成し、噛む効率を上げることが出来ます。

エステティックデンチャー

義歯の目的は再び食事が出来るようにすることです。
しかし、それとともに見た目の改善もしたいものです。
より、義歯だとわからないようにするためにエステティックデンチャーがあります。
エステティックデンチャーとは、義歯の歯肉部分をよりリアルに作成したり、
人工歯をより本物に近くカスタムメイドすることによって
パッと見た感じでは義歯だとわからないように仕上げた義歯です。

ノンクラスプデンチャー

多くの方が不満に思っているのが部分義歯についたクラスプと呼ばれる針金です。
歯の残りかたによって適応は限られますが、このクラスプの代わりに樹脂をつかって義歯を維持することが出来ます。
この樹脂を使って歯にひっかける義歯をノンクラスプデンチャーといいます。
これにより、金属のクラスプを使わない部分義歯を作ることが出来ます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 安心安全な歯科医療 総合治療とは 予防歯科とは ご案内