クラウンブリッジ治療なら宇和島林歯科医院へ

クラウンブリッジ治療宇和島歯科 | クラウンブリッジなら林歯科医院

つめること、かぶせること

歯科治療のなかで最後におこなうのがこの歯冠修復治療です。
つまり、歯周組織や歯の根、土台が出来上がった後、つめものやかぶせものを利用してかみ合わせを作る作業です。
この治療の出来によって歯周組織や歯の根っこを含めた顎口腔系の健康が左右されます。

出来るだけ長く修復物が保たれるために、そしてより機能的であるために

生体に適したかみ合わせを再現できること

  適性な位置関係を正確に再現できる方法で作る必要があります。
  そのためには精度の高い型をとり、そこに口腔内と一致したかみ合わせ
  再現する必要があります。

材料的に劣化しにくいものであること

  口腔内は思った以上に過酷な環境です。
  そこに24時間休まず存在するわけですから、
  かなり安定した材料である必要があります。

生体に近い物性をもつこと

  歯の硬さと違う材料では歪みが生じ、そこから問題が起きます。
  エナメル質、象牙質それぞれに物性の近い材料が理想です。

境目の精度が高いこと

  修復する際、必ず境目が生じます。
  そして多くの場合その境目から問題が生じます。
  この境目をどれだけ正確に封鎖できるかが予後を左右します。

汚れ・バイ菌がつきにくいこと

  問題を起こすのは、バイ菌と力です。材料的にバイ菌がつきにくいこと
  大きな利点となります。

清掃性に優れること

  バイ菌が悪さをしないように清掃する必要があることは言うまでもありませんが、
  よりシンプルで簡単に清掃できるデザインが望まれます。

あなたに最適の修復方法は?

結局は、修復物に期待する要件により選択方法が変わってきます。
その期待する要件に合わせて選べるようにこちらのサイトを用意いたしました。
あなたの望む要件にあわせて最適な修復物をご確認ください。

 

林歯科医院の治療の選び方はこちら↓

修復する過程

歯を削る
林歯科医院のこだわり

 

型をとる
林歯科医院のこだわり

 

模型にする
林歯科医院のこだわり
模型=口腔内

 

セット
林歯科医院のこだわり

 

メルマガ?

かぶせもの(クラウン)

ブリッジ


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 安心安全な歯科医療 総合治療とは 予防歯科とは ご案内