総合治療なら愛媛県宇和島林歯科医院へ

総合治療愛媛県宇和島歯科 | 総合治療ならの林歯科医院

総合治療という考え方

私たちの体は、ひとつのシステムになっています。
口の中も、それぞれの部位が相互に作用しあって、機能を作り上げています。
食べることも、話すことも、歯と舌、それを取り巻く骨や筋肉がそれぞれ調和することによって、成り立っています。

 

インプラント

だからこそ、治療に関しても一口腔単位、さらには一個人の全身を考えてすすめるべきだと考えています。では、生涯自分の歯を保つために必要なことはなんでしょうか?

そうです。歯を失わないことですね。そして、そのためには口腔を病気にさせないことです。

 

では、口腔内が病気になる条件とはなんでしょうか?
これには3つの条件があります。

 

ひとつは、細菌
もうひとつは、機能と関係のない異常な力
そして、3つ目に間違った(身体の意図に反する)かみ合わせです。
この3つの条件から身体を守るには、あるいは治療するにはどうすればいいのでしょうか?

細菌のコントロール

 

虫歯菌、歯周病菌といった言葉をどこかで聞いたことがあるかもしれません。
そう、その虫歯菌、歯周病菌が口腔の病気をおこす原因の一つのなっています。
そして、その細菌をコントロールすることが病気にならないために必要なのです。

顕微鏡

 

まず、口腔内を破壊する敵を知ることが重要と考えます。虫歯菌が、歯周病菌がどんなふうにどのくらい存在するのか?それを知ることによりはじめてその人に合った対策をたてることができます。当院では培養検査位相差顕微鏡を用いることで細菌の存在を確認してから対策を立てています。そして、細菌をやっつける方法は、薬と機械的清掃が中心となります。
しかし、同じく非常に重要なことがあります。それが「免疫力」です。
同じ細菌の存在下でも感染したりしなかったりするのはなぜでしょうか?そうです。いわゆる「抵抗する力」、つまり身体の持つ「免疫力」の差なのです。

 

では、「免疫力」をアップするためには・・・
適切な食事、適量の運動、睡眠・・・つまりは生活スタイルといってもいいかもしれません。

 

当院では、歯科疾患予防プログラムの一環として、食事指導、サプリメント指導、そして生活習慣、つまり食べ方から姿勢、寝かた、態癖指導など、免疫力を上げる方法もお伝えいたします。

力のコントロール

機能と関係のない異常な力、これを「非機能的力」と呼んでいます。たとえば、歯ぎしり、くいしばり。特に寝ている時の歯ぎしり、くいしばりには100キロから200キロの力がかかっていることもあります。あるいは、擦り減ってしまった歯はなまった包丁と一緒で、食べ物を切ったり、つぶしたりするときに余計な力が必要となります。これも「非機能的力」となり、口腔内を壊していきます。
プロタープロター

 

当院では力の確認、そして歯列全体のバランスを確認するためにDePROSという検査機器を導入いたしました。これによって、見ることのできない“力”という存在を評価できるようになりました。また、調和のとれた咀嚼運動ができているかの確認も従来は困難でしたが、アルカスディグマという装置により、こちらも評価できるようになりました。

適切なかみ合わせ

「かみ合わせ」とは、上下顎の位置関係のことを言います。その関係を作っているのは咀嚼筋などの、口腔周囲筋です。その“筋肉”が無理をしない、適切な上下関係を作ることが重要です。
例えば、かたついたハサミで物を切ろうとしても、刃がうまくあわず、イライラしたことはないでしょうか?筋肉の調和のとれた顎関係は1点しかありません。それを見つけ出し、再現できるかみ合わせを作ることが、適切なかみ合わせを作るということなのです。

 

プロター

適切なかみ合わせと作るために、そのかみ合わせが身体にとって適切なのかを評価する必要があります。そして、それを正確に再現する歯を作り上げる必要があります。

それを可能にしてくれるのが、プロターシステムです。これは、3次元顎運動測定器であるアルカスディグマ、現在では最も正確な咬合器システムのひとつであるプロターevo7咬合器とアルカスフェイスボウで構成されています。

 

 

 

プロター

プロター

精密治療

これらの総合的な診査診断から予後予想も含めた設計を実現するためには非常に精度の高い治療が必要となります。
考えてみてください。髪の毛1本噛んだだけで私たちの歯は反応します。そして、1日に何万回と噛み合う過酷な条件に耐えうる歯を作らなくてはならないのです。
それには、多くの知識に修練を重ねた技術、再現精度が高く、耐久性・生体親和性に優れた材料が必要なのです。
プロター

総合治療におけるインプラント治療

インプラント

インプラント治療はもともと歯をすべて失われたケース

持ち込まれたものです。
しかし、今ではインプラント単体で咬合力を受けることができるまで発展してきました。
ですから、インプラントの役割として、
噛むという機能を回復することに加え、
他の歯を失わないように守る役割を持つようになりました。

 

そのため、当院は予防歯科の考え方として
後者の役割も大切にしています。

 

たとえば、一番奥の歯を失った場合。
役割でいえば、一番奥の歯はかみ合わせを支持する
役割であり、その手前の歯は食べるという機能時に
最も働く役割があります。

 

ということは一番奥の歯を失うとその手前の歯は
両方の役割をこなさないといけなくなるわけです。

 

もうお分かりですね。

 

その歯も失う可能性が高くなっていくわけです。
もっというと、その場合、おそらくは一番奥の歯を
失った原因は取り除かれていない可能性があるわけです。

 

その悪循環を止めるためにインプラントを利用することは
予防の意味で大切なことがお分かりいただけるでしょうか?

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 安心安全な歯科医療 総合治療とは 予防歯科とは ご案内