インプラントなら愛媛県宇和島市林歯科医院へ

インプラント宇和島歯科 | インプラントなら林歯科医院

安心・安全なインプラント 何が他と違うのでしょうか?

CT撮影

インプラントは歯周病治療のコンセプトから外科処置、補綴処置を含む総合的な治療となります。

そのため、口腔全体のバランスを考え、解剖学、
生理学、補綴学などのより専門的な知識
が必要です。

 

つまり、専門の知識を持った歯科医師が、CTなどの必要な資料をもとにしっかりと診査することが重要です。

 

以下にどう考えればいいのか、どこを見ていけばよいのかをお伝えいたします。

 

また、当院では診療時間外になりますが、
無料でインプラント相談をおこなっています。
お問い合わせください。

 

インプラントとは?

インプラント

インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応が

できなかった歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。

 

入れ歯では噛むことが難しかったものも噛めるようになり、取り外す必要もなくなります。
また、人前でも口元を気にせず、食事やおしゃべりが楽しくできるようになります。

 

インプラント治療は、お口の中の機能回復と、自然な審美性を追求した新しい治療法です。

林歯科医院のインプラント治療

インプラントをどう考えるか

最近、巷ではインプラントありきの歯科治療が広がっているようです。確かにインプラントは素晴らしい治療方法です。しかし、はじめにお伝えした通り、林歯科医院では生涯健康でおいし食べられ、笑顔でいられることが目的です。インプラント治療はその一手段にすぎません。ですから、私どもは天然の歯を守るためにインプラントを使う、という考えで治療をすすめています。まず、生涯自分の歯で過ごせるか。その前提の中で、歯を失ったところをほかの歯を守るためにインプラントを使うわけです。

 

インプラントは魔法の治療ではない

インプラントをしたら、永久に使えると考える傾向があるようです。いままでそこには天然歯があったはずで、神がつくったものですら抜ける原因があったわけです。ですから、その原因を取り除かないでインプラントを埋めてもうまくいくわけがありません。歯周病や異常な力など、天然歯を失う環境のままであれば、インプラントも遅かれ早かれ失うことになるでしょう。まず、口の中から病気を取り除いて、はじめてインプラント治療に踏み込めるのです。そして、言うまでもなく病気が再発しない環境を保ち続けなくては、やはり大きな問題となっていくでしょう。そういう意味でやはり予防歯科の考え方が必要なのです。

 

治療技術・資格について

インプラントに対するスタンスから、当院では年間に何百本とインプラントを埋めることはありません。ただし、必要な時にしっかりした治療ができるように研鑽をつんでいます。たとえば、ニューヨーク大学のインプラントCDEコースに通い、最新の知識と技術について学び、その卒業生としてその後もアップデートに参加させていただいています。また、世界最大のインプラント学会である国際インプラント学会(ICOI)において、認定医・指導医の資格もいただいています。

 

インプラントは手段のひとつ

インプラントは機能回復の一手段であるとお伝えしました。であるならば、その手段もアップデートしていくべきです。より良い術式があれば、あるいはより良い材料があれば、取り入れていきます。たとえば、インプラント体においても、さまざまなメーカーが作っていて、それぞれ長所短所があります。当院でも今までに10種類以上のメーカーを使用し、現在でも症例によって数種を使い分けています。

安心安全なインプラント治療であるために

超滅菌主義

インプラントは必ず外科的処置をともないます。外科において安心安全であるためには滅菌操作がかかせません。もちろん、日頃から超滅菌主義として滅菌・ディスポーザブルで対応していますが、外科処置においてはさらに注意を重ね行っています。

 

 

診査診断

インプラント治療ではとくに診査診断が重要になります。安心安全であるためにはCTによるシミュレーションは欠かせません。当院では、信頼できるドイツのメーカー、シロナのデンタルCT装置とセレックシステムによりシミュレーションをおこない、安心して手術を受けていただけるような体制を整えています。

 

cerecct

cerecct2

 

 

 

最新機器の導入

ピエゾ

より安全に手術がおこなえるように、手術器具・器械も常に進化しています。たとえば、サイナスリフトという術式では、上顎洞の裏打ちしている膜を破ることなく骨だけを削る技術が必要ですが、ピエゾサージェリーによって、軟組織を傷めることなく骨を削ることができるようになりました。これによって、サイナスリフトは以前より安全な術式となったのです。このようにより安全で安心できるための技術や器械はできるだけ導入していきたいと考えています。

インプラント治療の実際

インプラント治療の実際の流れは次のようになります。
1)診査診断 
  CTや模型上で診査診断をおこない、最終的な形をイメージし、
  どこにインプラントをすればよいのかを決定します。
2)インプラント手術
  下の図のように外科的にインプラントを埋入します。
3)オステオインテグレーション
  インプラントが生体に受け入れられて、骨とくっつくことをオステオインテグレーション
  といいます。この状態が得られるまでに約3カ月から6カ月かかります。
4)2次手術
  オステオインテグレーションが得られたら、インプラントの上に歯を作るために
  インプラント上部を歯肉の外に出すための手術を行います。
5)補綴処置
  インプラントの上部に土台をたて、人工の歯をかぶせます。

 

インプラント
カムログインプラントパンフレットより

インプラントの利点・欠点

インプラント治療の利点

1.自分の歯と同じように噛むことができますので、違和感がありません。
2. 健康な隣の歯を削ったりするような処置が必要ありません。
3. 見た目も自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを
楽しむことが可能です。

 

インプラント治療の欠点
1. 外科的な処置が必要になります。
2. 手術後に インプラントが定着するのに数カ月かかります。
3. 保険適用外ですので、保険治療に比べ高額になります。

 

*インプラント治療は保険外(自費)治療となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 安心安全な歯科医療 総合治療とは 予防歯科とは ご案内