歯周病の治療なら愛媛県宇和島林歯科医院へ

歯周病愛媛県宇和島 | 歯周病の治療なら林歯科医院

歯周病とは?

「歯周病」という言葉を聞いたことがありますか?最近ではテレビのCMや健康番組などで良く聞く機会があるのではないでしょうか。
よくあるのが、歯の周りが砂のように崩れ落ちて、歯がコロンと抜けるイメージ。もちろん実際にその通りで、文字どおり歯の周りの病気です。
つまり、歯が埋まっている部分が悪くなって支えが無くなることで歯がグラグラに、そして最後には抜けてしまうという恐ろしい病気です。

 

さらに近年、歯周病が全身疾患に関わることがわかり、たとえば、心臓病肺炎、早産を引き起こしたり、糖尿病を悪化させたりすることがわかっています。
糖尿病においては、第6の合併症として医科でも注目されています。

 

重度の歯周病

 

歯周病撃退プログラム

いまでは日本人成人の8割が歯周病といわれています。
驚きですが、毎日診療をしていると、あながち言いすぎではないようにも思えます。
どちらにしろ、日本では80歳までに20本近い歯を失うことを考えると、大きな問題であることに変わりはありません。

 

ところが、歯周病はすでに防ぐことのできる病気なのです。なのに、どうしてなのでしょうか?

 

問題は歯周病が”生活習慣病”であるという事実です。生活習慣病とは日常生活にかかわる、たとえば高血圧や成人性糖尿病のような病気です。
つまり、歯周病は日常生活においてあなたの協力が無ければ治癒することがないのです。日常のケアの習慣があってはじめて歯周病治療が奏功するのですね。
そうです。日常生活におけるケアの習慣をサポートし、そのうえで歯周治療をおこなうプログラム「歯周病撃退プログラム」なのです。
このプログラムによって歯周病を治療し、さらに将来にも再発しにくい状況を手に入れることが出来ます。

 

さらに「歯周病撃退プログラム」についてお知りになりたい方はこちら

歯周病と糖尿病の関係

糖尿病という病気は網膜症・腎症・神経障害・末梢血管障害・大血管障害などの合併症を引き起こすことが知られています。

 

そのなかで、第6の合併症として、この歯周病があげられるようになりました。

 

つまり、糖尿病をコントロールするために歯周病の治療が必要だと、医科でもはっきり言われるようになったのです。

 

実際、糖尿病患者さんの多くに重度の歯周炎が見られます。

 

これは、歯周病の炎症の場で産生されるサイトカインのうち、ある種のものが血糖値を低下させる作用を持つインスリンの効きを阻害する(インスリン抵抗性)ため、血糖コントロールが改善しにくくなるというメカニズムによると考えられています。

 

したがって、歯周病治療を行うことで炎症が収まり、サイトカイン濃度が低下すれば血糖コントロールの改善が認められると考えられます。

 

歯周病と心臓疾患の関係

心臓の病気として、心臓に栄養を送るための血管の流れが悪くなることで起こる、心筋梗塞や狭心症などがあげられます。
これは、心臓の冠状動脈にアテローム性プラーク(血管沈着物)が形成され閉塞されていくことで生じます。

 

血管内に侵入した歯周病菌などの病因子が、血流に乗って冠状動脈に達することでアテローム形成をすすめます。
その結果、心血管の病気が発症しやすくなるというメカニズムです。

 

実際、心臓病の手術で、心臓の血管から歯周病菌が検出されたとの報告がありました。

 

あるリサーチでは歯周病に罹患していると、心血管疾患の発症リスクは1.15?1.24倍高まるとの報告があります。

 

歯周病と誤嚥性肺炎の関係

たまに唾液が気管に入ってむせてしまうという経験をされたことがあるのではないでしょうか?
そのように間違って気管に入った唾液中の細菌などが肺に感染して起こる肺炎のことを「誤嚥性肺炎」と呼びます。

 

特に、要介護の高齢者などは飲み込む力や咳反射が低下しているため、唾液や食物すらも気管に入りやすく誤嚥を起こしてしまいます。

 

さらには高齢者では免疫力も低下していることが考えられ、結果、誤嚥が原因で感染性の肺炎を起こすと考えられています。

 

実際、誤嚥性肺炎と考えられる患者さんから歯周病原性細菌が見つかってます。
逆に、高齢者に口腔ケアを行い、歯周病原性細菌等の口内細菌が減少することで肺炎の発症率が下がることもわかっています。

歯周病と骨粗鬆症との関係

高齢の方が増えていくにしたがって、問題になってくるのが、骨量が減少して、もろく折れやすくるという「骨粗しょう症」。

 

とくに高齢の女性に多く見られる病気として知られています。

 

この「骨粗しょう症」に関しても歯周病が関わっている可能性が指摘されています。

 

まだはっきりとは言い切れないのですが、歯周病になった歯肉で産生されるサイトカインには、骨代謝に影響を及ぼすものがあり、歯の喪失と骨密度の減少には関連があるという研究報告がでています。

 

逆に、骨粗しょう症の人が歯周病に罹患すると、歯周組織の歯槽骨が急速に吸収されることで症状が進行しやすくなる可能性もあるようです。

 

実際、歯科でよくつかわれるパントモレントゲン写真を診ることで、骨粗しょう症の有無のスクリーニングを行うことができます。

歯科衛生士の役割

歯周病撃退プログラムのなかで一番大切なのはプラークコントロールです。もちろん、それをおこなうのはあなた自身ですが、それができなかったからこそ歯周病になったわけです。その今までを変えるために重要な役割を果たすのが歯科衛生士です。生活習慣病といってもよいこの病気をコントロールするためにはプラークコントロールの意識、知識、技術が必要であり、患者さまがそれを手に入れるサポートは歯科衛生士にしかできないと言っても過言ではありません。つまり、歯周病に関しては、患者さま、歯科衛生士、歯科医師のそれぞれがそれぞれの役割を果たしてはじめて撃退できるわけです。もっと正直に言ってしまうと、歯科医師の役割が最も小さいといってもよいと思います。そう考えたとき、歯周病治療における歯科医院の質は歯科衛生士の質といえるでしょう。
当院では、国家資格だけでなく、全国的な認定制度であるNDLクリニカルアドバンスハイジニストの認定衛生士が在籍し、歯周病治療に取り組んでいます。また、アメリカやスウェーデンの考え方も学び、システムを構築しています。

 

歯周手術について

重度の歯周病では、深い歯周ポケットを形成しており、ポケットの奥深くまで歯石が沈着してしまっているケースがあります。
その状況では、通常の器具による手技では歯石が取りきれないことがあり、その歯石を取り除くためには歯周手術をおこなう必要があります。
具体的には歯の周りの歯肉を外科的に開いて、歯石が肉眼で見える状態にしてから除去していきます。
ただし、この歯周手術は通常の治療以上に日常のケアが必要になります。
歯周病撃退プログラムを受けないで手術を受けても良い状態を保てるのはほんの一時ですから、注意が必要です。

再生療法について

最近、再生医療が脚光を浴びていますが、歯周病における歯周組織の再生はまだ小さな欠損でしか成功出来ていません。

 

もちろん、それ自体すごい成果ではあります。
根分岐部病変という、かなり厄介な病状もこの再生療法で将来の結果が変わります。

 

将来的には失った骨を取り戻すことができようになるでしょうが、今のところは現状を悪くならないように食い止めるのが治療のゴールと言えるでしょう。

 

つまり、歯周病においても本当の治癒(元通り)を得られるわけではないので、ならないように予防することがもっとも重要なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 安心安全な歯科医療 総合治療とは 予防歯科とは ご案内